利食い千人力

読み方: りぐいせんにんりき
分類: 格言

利食い千人力は、投資において、含み益に喜んでさらに利益を追い続けるのではなく、適度に利益を確定させるのが賢明であることをいいます。

有名な相場格言の一つで、利食い(利益確定)は「千人の力を得るのに等しい」という意味であり、いかに投資で利食いが大切であるかを説いたものとなっています。実際のところ、含み益は、相場の動向次第ですぐに吹き飛んでしまうので、含み益がある時に迷ったら利食いをした方がよいでしょう。

一般に利食いは、損切りと同様、感情が判断の邪魔をし、損切りが躊躇なのに対して、利食いは欲望です。また、人は欲望ゆえに失敗することが多いため、利食いを確実に行うには、指値注文の設定など機械的に行う仕組みを導入するのも一つのやり方です(利食いの機会を逃して含み損を抱えるとダメージは大きい)。

なお、利食い千人力の効用として、利食いをすることで現金が増え、新たな投資機会に柔軟に対応することができ、さらに精神的なゆとりを持つことができます。