閑散に売りなし

読み方: かんさんにうりなし
分類: 格言

閑散に売りなしは、相場の出来高や売買代金が低調な時は、売りは得策ではないことをいいます。

有名な相場格言の一つで、閑散相場では、売り尽くしの状態であることが多く、しばらく様子を見た後、多くの市場参加者が相場が下がりきったと判断して買いを入れてくるため、投売り空売りをした後に相場が急上昇することもあり得るので、閑散相場の時には焦らず、次のチャンスを待った方が良いという教えとなっています。

一般に本格言(閑散に売りなし)では、売りが一巡しているかを見極めるのは難しいですが、どんな相場もずっと閑散し続けることはなく、いつかは動意付くので、時には売りを待つことも大切であると言えます。