下ヒゲ陰線/下影陰線

【読み方:したひげいんせん、分類:ローソク足】

下ヒゲ陰線は、「下影陰線」とも呼ばれ、下方向にヒゲ(影)がある陰線のことをいいます。これは、日中に価格が一時売りに押されて下げ、その後、買いが入って反転したものの、終値始値を下回った場合のローソク足を指します。

下ヒゲ陰線

一般にチャート上において、下ヒゲ陰線が出現した場合、そのヒゲが長いほど反発が強かったことを意味し、また下降トレンド中に出現すると、そろそろ相場が反転する(下降トレンドが終焉する)可能性もあります。

金融知識ガイド

テクニカル分析用語集