小陽線

【読み方:しょうようせん、分類:ローソク足】

小陽線は、陽線のうち、実体の比較的短いものをいいます。

陽線の実体や形について、特に明確な基準はなく、過去のチャートの中で出てきた陽線と比べて、明らかに実体が短い場合に「小陽線」と認識することが多いです(ヒゲの有無は問わない)。

小陽線の例

一般に小陽線が出た場合、買いと売りが均衡しつつ、少し買われた感じで値上がりした相場を意味し、また出る場所によって意味合いが異なるので、相場の流れ(チャート)の中で考えるとよいでしょう。

金融知識ガイド

テクニカル分析用語集