下げ三法

【読み方:さげさんぽう、分類:酒田五法】

下げ三法は、大陰線にはらまれる形で陽線が3本出て、翌日に安寄りして大陰線が出た形状をいいます。

酒田五法の一つである三法が下降トレンドの途中で出現したもので、具体的には、大きな下げとなった大陰線が出た後、陽線、陽線、陽線と続いて相場が調整(上昇)し、その後、再び大陰線が出て、下げに転換するといったパターンになっています。

下げ三法の例

一般に三法とは、酒田五法では、「売るべし、買うべし、休むべし」のことを言い、下げ三法は、下降トレンドの一時的な休みを示すものです。また、3本の陽線の時期に再上昇のエネルギーを使い果たした結果、再度軟化して大陰線が出たと考え、保ち合い相場を下抜けするサイン(売りシグナル)とされます。

<下げ三法のポイント>

・小休止中に最初の大陰線の高値を上回っていない
・3本の陽線の後の大陰線の終値が最初の大陽線の終値を下回っている

金融知識ガイド

テクニカル分析用語集