みずほ (MIZUHO)

みずほフィナンシャルグループ(MIZUHO)は、銀行持株会社のみずほフィナンシャルグループの傘下に、みずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券、みずほ投信投資顧問、みずほ総合研究所などを有する、国内大手の総合金融グループです。2000年に、当時の第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行の全面的な統合に伴う持株会社として「みずほホールディングス」が設立されたのが前身で、その後、2003年にグループ変革のための事業再構築により、新しい持株会社として「みずほフィナンシャルグループ」が設立されたことで、現在の体制となりました。

現在、みずほフィナンシャルグループは、新中期経営計画でビジョンとして定めた「日本、そして、アジアと世界の発展に貢献し、お客さまから最も信頼される、グローバルで開かれた総合金融グループ」を実現するため、ブランドスローガンとして「One MIZUHO 未来へ。お客さまとともに」を掲げ、グループ一丸となって日々取り組んでいます。

みずほ(MIZUHO)のブランドコンセプト

みずほフィナンシャルグループは、コーポレートブランドとして「みずほ(MIZUHO)」を展開しています。

<みずほの名前の由来:ネーミング>

みずほとは、「みずみずしい稲の穂」を表す言葉であり、「みずほ(瑞穂)の国」は、実り豊かな国を意味する日本国の美称として用いられている。本名称を使うことで、グローバルな金融市場において、日本を代表する金融機関として、最高水準の総合金融サービスにより、国内外の全ての顧客に豊かな実りを提供していくという決意が込められている。

<みずほのブランドロゴ:視覚イメージ>

シンプルで洗練されたロゴタイプ(字体)と動きのある赤い円弧によるデザインは、今まさに太陽が昇らんとする地平線をイメージしたもので、社員一人ひとりの強い意思と情熱を表している。

みずほフィナンシャルグループの事業構成

みずほフィナンシャルグループでは、銀行業務、信託業務、証券業務等の様々な金融機能を結集して、顧客の多様なニーズに応えています。

個人向け 家計口座の管理、将来への備え、住宅・教育資金、退職金の運用、次世代への承継など、顧客のライフステージや生活シーンに応じてマネープランを設計し、顧客に合った商品・サービスを提案・提供。
法人向け 資金調達、経営・財務戦略に関する多様なニーズに対し、グループの専門機能を結集したフルラインの金融ソリューションをグローバルベースで提供。
グローバル 海外市場における豊富な経験、充実したグループネットワーク、最先端の銀行・信託・証券の金融サービス等を有機的に組み合わせ、顧客の多様なニーズに対してベストソリューションを提供。
アセット
マネジメント
総合金融グループとしての強みを活かし、企画・開発・販売を一体的に運営することにより、個人から機関投資家まで幅広い顧客ニーズに合った最適な商品・サービスを提供。
マーケット 銀行・信託・証券の総合力を結集し、一体的に推進することにより、顧客の多様なニーズやグローバルな展開にきめ細かく対応する商品・サービスを提供。

みずほフィナンシャルグループの会社概要

みずほフィナンシャルグループは、グループ全体を統括する銀行持株会社です。

商号 株式会社みずほフィナンシャルグループ
〔Mizuho Financial Group, Inc.〕
本店所在地 東京都千代田区大手町1丁目5番5号(大手町タワー)
発足日 2003年1月8日
事業内容 銀行法により子会社とすることができる会社の経営管理並びに、これに附帯する業務を行うことを事業目的とし、グループ経営効率の向上と事業分野、機能面における特色・強みの結合を実現するために必要な経営管理等
上場 東証1部、ニューヨーク(ADR
証券コード 8411
グループ会社 みずほ銀行
みずほ信託銀行
みずほ証券
みずほ投信投資顧問、DIAMアセットマネジメント
みずほ総合研究所
みずほ情報総研
資産管理サービス信託銀行 他