野村グループ (NOMURA)

野村グループは、持株会社である野村ホールディングスと国内外の子会社で構成される、世界的な金融サービスグループです。その歴史は、1925年12月に大阪野村銀行の証券部から分離して「野村證券」が設立されたのが始まりで、そして約76年後の2001年10月に持株会社化への移行に伴い、持株会社の野村ホールディングスと、子会社の野村證券や野村アセットマネジメントなどに機能が分割されました。

現在、野村グループは、「Connecting Markets East & West(アジアから世界へ、お客様の未来と市場をつなぐ)」を掲げ、「すべてはお客様のために」という基本観のもと、「アジアに立脚したグローバル金融サービスグループ」として、顧客ニーズに対応した付加価値の高い商品・サービスを提供しています。

野村グループの創業の精神

野村グループは、創業者である野村徳七が説いた「証券報国こそは野村證券の職域奉公の実体にして、あくまでもこれを貫徹すべく」という言葉のとおり、「あらゆる投資に関して最高のサービスを提供する」という事業活動を通じて、豊かな社会の創造に貢献することが、創業以来の変わらぬ精神であり、存在価値かつ社会的責任としています。

また、野村グループに脈々と受け継がれる「創業の精神十カ条」は、本グループの存在意義、顧客第一の精神、海外への雄飛、調査・分析の重視、先取りの精神、企業家精神、人材の登用、チームワークの重視、業務推進の心構え、サービスの心構えから構成されています。

野村グループのミッション・ステートメント

野村グループは、創業の精神や倫理規定などの基本原則を実践するために、ミッション・ステートメンドを制定しています。

1.投資を軸に豊かな社会の創造に貢献する
2.変化を尊重し、常識を打破して、成長への挑戦を続ける
3.顧客ありきを貫き、常に顧客の揺るぎない信頼を獲得し続ける
4.野村は一つの意識を持って連携し、グループの総合力を発揮する
5.多様性とお互いを認め合う精神を尊重する

野村グループのビジネス概要

野村グループの事業(ビジネス)は、営業部門、アセット・マネジメント部門、ホールセール部門、グローバル・リサーチから構成されています。

営業部門 全国の本支店、コールセンター、インターネットを通じて、コンサルティング営業を軸にした質の高い商品・サービスを提供することで顧客から信頼され、選ばれ続ける良きパートナーとなることができるよう日々取り組んでいる。
アセット
マネジメント部門
幅広い投資ニーズに応える多様な商品・サービスの提供力を有する特色あるアジアの運用会社として、常に運用パフォーマンスの向上に努め、世界の投資家から広く信頼される存在を目指している。
ホールセール部門 金融商品の組成・販売やリサーチ、トレーディング業務等を行う「グローバル・マーケッツ」と、資金調達のアレンジやM&Aアドバイザリー業務等を行う「インベストメント・バンキング」から構成され、国内外の顧客に対して様々なサービスやソリューションを提供している。
グローバル
リサーチ
世界各地のリサーチャーが地域や分野を越えて密接に連携し、投資家にとってタイムリーかつ有益な情報発信を日々行っている。

野村ホールディングスとグループ会社

野村ホールディングスは、証券業を中核とする投資・金融サービス業を営む会社の株式を保有することにより、当該会社の事業活動を支配・管理する持株会社です。

商号 野村ホールディングス株式会社
〔Nomura Holdings, Inc.〕
所在地 東京都中央区日本橋1-9-1
設立年月日 1925年12月25日
事業内容 持株会社
上場 東京証券取引所
名古屋証券取引所
シンガポール取引所
ニューヨーク証券取引所(ADS)
証券コード 8604
グループ会社 野村證券
野村アセットマネジメント
野村信託銀行
野村バブコックアンドブラウン
野村キャピタル・インベストメント
野村インベスター・リレーションズ
野村ファンド・リサーチ・アンド・テクノロジー
野村リサーチ・アンド・アドバイザリー
野村プライベート・エクイティ・キャピタル
野村資本市場研究所
Nomura Americas 他