ソニー生命保険

ソニー生命保険(Sony Life)は、ソニーフィナンシャルグループの生命保険会社です。同社は、「ともに生きるということ/LIFEPLANNER VALUE(ライフプランナーバリュー)」をコーポレートスローガンに掲げ、また「合理的な生命保険と質の高いサービスを提供することによって、顧客の経済的保障と安定を図る」という基本使命のもと、ライフプランナー(保険はもとより、経済・金融・税務などに関する幅広い知識と豊富な経験を兼ね備えたプロフェッショナル)によるコンサルティングを通じ、顧客一人ひとりに最適な保障を届けています。また、経営にあたっては、顧客へ安定したサービスを提供し続けることを第一の責務とし、健全性維持(健全な財務基盤)を最重視しています。

ソニー生命は、コンサルティングによる「オーダーメイドの生命保険」という、かつてないスタイルで日本の生命保険業界に新風を吹き込み、そのスタイルは今も受け継がれています。また、開業以来、現在に至るまで、多様化する高度なニーズに応えられる合理的な生命保険を提案する「高質なサービス」が多くの顧客から支持され、保険会社として順調に成長を続けています。

ソニー生命の沿革

ソニー生命は、1979年に「きょうから生命保険が変わる。ライフプランナーが変える。」の言葉を掲げ、誕生しました。

・1979年:ソニー・プルーデンシャル生命保険を設立
・1980年:ソニー・プルデンシャル生命保険に商号変更
・1981年:事業免許を取得、営業を開始、ライフプランナー制度発足
・1987年:ソニー・プルコ生命保険に改称
・1989年:がん保険を発売、契約高1兆円を突破、募集代理店制度発足
・1990年:団体年金商品の認可取得
・1991年:ソニー生命保険に改称、契約高2兆円を突破
・1992年:総合医療保険と生前給付保険を発売
・1993年:契約高3兆円を突破、診断給付金付がん保険を発売
・1994年:生活保障保険とリビング・ニーズ特約を発売、契約高5兆円
・1995年:全営業社員にパソコン貸与
・1996年:ライフプランナーを商標登録、契約高10兆円を突破
・1997年:総資産5千億円を突破、コールセンターを開設
・1998年:5年ごと利差配当付学資保険などを発売、総資産8千億円
・1999年:終身総合医療保険や変額年金保険などを発売、総資産1兆円
・2000年:終身保険(無選択型)やがん特約などを発売、契約高20兆円
・2001年:長期総合医療保険などを発売、ISO14001の認証を取得
・2002年:変額保険「バリアブルライフ」などを発売
・2003年:逓増定期保険などを発売、総資産2兆円、契約高25兆円
・2004年:ソニーフィナンシャルホールディングスの100%子会社に
・2005年:ライフプランナーバリューを商標登録、長期平準定期保険を発売
・2006年:総資産3兆円、逓増定期保険(低解約返戻金型/無配当)を発売
・2007年:ソニー銀行の銀行代理業に関する許認可を取得
・2008年:終身がん保険(08)を発売
・2009年:ソニーライフ・エイゴン生命が生命保険業の免許を取得
・2011年:三大疾病収入保障保険(Ⅱ型)等を発売、総資産5兆円
・2013年:米ドル建保険を発売

ソニー生命の主な取扱商品

ソニー生命は、顧客の多様なニーズに応えて、充実した保険商品を提供しています。

終身保険 死亡・高度障害に対する保障が一生涯続く保険。
定期保険 一定期間内の死亡・所定の高度障害状態に対する保険。
養老保険 貯蓄と保障を兼ね備えた保険。
医療保険 病気やケガによる入院・手術等に備える保険。
特定疾病保険 がん・急性心筋梗塞・脳卒中の三大疾病に備える保険。
がん保険 がんによる入院・手術・死亡等に備える保険。
個人年金保険 老後の必要資金準備のための生活保障に重点を置いた保険。
介護保険 所定の介護状態になった時に一時金や年金が支払われる保険。
学資保険 子どもの教育資金準備のための貯蓄性の高い保険。
変額保険 運用実績に基づいて保険金や解約返戻金が変動する保険。
外貨建保険 保険料が外貨建で運用される保険。

ソニー生命の会社概要

ソニー生命は、ライフプランナーやオーダーメイド保険に特色のある、ソニーフィナンシャルグループの生命保険会社です。

※ソニーフィナンシャルグループとは、金融持株会社のソニーフィナンシャルホールディングス(東証1部上場)と、その傘下のソニー生命・ソニー損保ソニー銀行などから構成される金融サービスグループ。

商号 ソニー生命保険株式会社
〔Sony Life Insurance Co., Ltd.〕
設立日 1979年8月10日
所在地 東京都港区南青山1丁目1番1号
事業内容 生命保険業
株主構成 ソニーフィナンシャルホールディングス100%