SBI損害保険 (SBI損保)

SBI損害保険は、「SBI損保」とも呼ばれ、SBIグループのダイレクト損害保険会社です。同社は、SBIグループがインターネットの草創期より培ってきたインターネット金融事業に関する多様なノウハウと蓄積された経験を最大限活用し、より付加価値の高い損害保険サービスを提供しています。

現在、SBI損保では、より多くのお客さまの生活に、より大きな安心を届けるために、インターネットの普及や携帯電話の発達がもたらす新しいライフスタイルの中で、従来の概念に捉われることなく、分かりやすく、利便性の高い先進的な「顧客中心主義」のサービスを追求しています。そして、急速に進化する情報化社会において、人々のライフスタイルの変化、リスクの多様化などへ応えるべく、損害保険業界のイノベーターとして革新的なサービスを追及すると共に、損害保険事業を通じて社会の発展へ貢献していくことを目指しています。

<4つの基本指針>

・合理的な保険料と最適な商品の提供
・常にお客さまにとって身近な保険会社であること
・簡潔でわかりやすいサービスの実現
・保険業界のイノベーターであり続けること

SBI損害保険の沿革

SBI損保は、2007年12月に金融庁より損害保険業の免許を取得し、2008年1月より、サービスを開始しました。

・2006年06月:SBIホールディングスとあいおい損保の共同出資によりSBI損保設立準備を設立
・2007年02月:ソフトバンクが新たに出資
・2007年12月:損害保険業の免許取得、SBI損害保険に商号変更
・2008年01月:営業を開始(自動車保険の販売開始)
・2011年07月:代理店として海外旅行保険と地震補償保険の取扱い開始
・2012年08月:がん治療費用保険の販売開始、火災保険の取扱い開始
・2013年10月:代理店として医療保険と死亡保険の取扱い開始

SBI損害保険の取扱商品

SBI損保では、自動車保険とがん保険を販売している以外に、他社商品の取扱代理店として、医療・生命保険、火災保険、地震補償保険、海外旅行保険なども媒介しています。

自動車保険 基本的な補償に加え、顧客のニーズに合わせた補償プランの設定が可能になっている。

・ネット損保ならではの納得の保険料
・事故受付サービスは安心の24時間365日体制
・無料で利用できる充実のロードサービス
・走行距離が長距離でも保険料は変わらず
がん保険 がんの治療でかかった入院治療費を無制限にお支払い。公的診療でも、先進医療でも、自由診療でも無制限にお支払い(入院日数の制限もなし)。

・ネットを活用した割安な保険料
・実際かかった治療費を実額補償
・先進医療だけでなく自由診療も補償
・通院治療費は最大1000万円まで補償

SBI損害保険の会社概要

SBI損保は、SBIグループのインターネットを主要チャネルとするダイレクト系損害保険会社です。

商号 SBI損害保険株式会社
〔SBI Insurance Co., Ltd.〕
設立日 2006年6月1日
所在地 東京都港区六本木1丁目6番1号 泉ガーデンタワー
事業内容 損害保険業
株主構成 SBIグループ 86.50%
ウェブクルー 11.44%
あいおいニッセイ同和損害保険 1.99%
ソフトバンク 0.06%