SMBC日興証券

SMBC日興証券は、三井住友フィナンシャルグループの一員で、リテールとホールセールの両方のビジネスを展開する総合証券会社です。2009年に三井住友フィナンシャルグループの一員となったことで、日本で初めてメガバンクと大手証券が融合した総合証券会社となり、これまで自社で培った高度な専門性・商品力・提案力に加え、パートナーである三井住友銀行の広範な顧客基盤や高い信用力・資本力を活用できるという、事業展開上の大きなアドバンテージを持ちました。

現在、個人の顧客に対しては、日本全国に展開する店舗(本・支店)にて、多様化する資産運用ニーズに応じて質の高いコンサルティングを提供しています(オンライントレードやコールセンターを利用するダイレクトサ-ビスも提供)。また、法人の顧客に対しては、各業態の様々なニーズに応えられるように業態別の担当部署を設け、事業法人、金融法人、公益法人、地方公共団体、政府機関に至るまで、あらゆる法人の顧客の価値向上に向けて、専門部署と連携して各種サービス(インベストメントバンキング、セールス&トレーディング、リサーチサービス、資産運用・管理等)による広範なサポート体制を構築しています。

SMBC日興証券の沿革

SMBC日興証券は、1918年に、わずか5人でスタートした小さな商店「川島屋商店」の創業に始まり、以来、およそ一世紀超にわたって、経営理念である「お客様を中心に」を実践し続け、現在、日本を代表する大手証券会社の一つとなっています。

・1918年:川島屋商店創業
・1920年:旧日興證券を設立
・1944年:日興證券を設立
・1948年:証券取引法に基づく証券業者として登録
・1949年:東京・大阪・名古屋の各証券取引所の正会員となる
・1961年:東京・大阪・名古屋の各証券取引所第二部に上場
・1970年:東京・大阪・名古屋の各証券取引所第一部に上場
・1999年:シティグループとの合弁による投資銀行業務を行う日興ソロモン・スミス・バーニー証券会社(後の日興シティグループ証券)が営業開始
・2001年:持株会社化と会社分割で、日興コーディアル証券に社名変更
・2007年:持株会社がシティグループの子会社となり、2008年1月に上場廃止
・2009年:三井住友フィナンシャルグループの一員となる
・2011年:SMBC日興証券に社名変更
・2016年:三井住友フィナンシャルグループの直接出資子会社となる
・2018年:SMBCフレンド証券と合併

SMBC日興証券の個人向けサービス

SMBC日興証券では、個人の顧客に対して、「総合コース」と「ダイレクトコース」の二つのコースを用意しており、自分の投資スタイルに合わせて選ぶことができます。

総合コース 支店担当者からのアドバイスや投資情報の提供を受けながら取引ができる。オンライントレードや日興コンタクトセンターなど全ての取引窓口を利用可能。
ダイレクトコース パソコンやスマートフォンを使って、自分のペースでお得な株式委託手数料で取引できるコース。割安な株式手数料、充実の投資情報、人気のファンドが多数。

SMBC日興証券の個人向け取扱商品

SMBC日興証券は、顧客の多様なニーズに応えて、充実した金融商品を提供しています。

株式 国内株式、外国株式、ETF、ETN、REIT、CB
債券 新発債券、既発債券
投資信託 国内投信、外国投信、MRF、外貨MMF、投信つみたて
運用サービス 日興ファンドラップ
年金・保険 変額年金保険、定額年金保険、定額終身保険 他
確定拠出年金 個人型確定拠出年金(iDeCo)
ローン 証券担保ローン

SMBC日興証券の会社概要

SMBC日興証券は、持株会社の三井住友フィナンシャルグループが100%出資している、日本を代表する大手証券会社です。現在、コーポレートスローガンとして、「いっしょに、明日のこと(Share the Future)」を掲げています。

商号 SMBC日興証券株式会社
〔SMBC Nikko Securities Inc.〕
本店所在地 東京都千代田区丸の内3-3-1
設立日 2009年6月15日(創業は1918年)
事業内容 証券業
系列 三井住友フィナンシャルグループ

金融ブランド事典

カテゴリー