SBI証券

SBI証券は、「日本最大の金融商品ディストリビューター」を目指す、SBIグループの金融サービス事業の中核を担うオンライン総合証券会社です。1999年10月にインターネット取引サービスを開始して以来、「顧客中心主義」の経営理念のもと、オンライン総合証券の先駆者として、画期的な手数料体系と先進的な機能、豊富な商品・サービスを提供することで、顧客(個人投資家)から多大な支持を得ると共に、業界で圧倒的なシェアを獲得し、口座数、預り資産残高、個人株式委託売買代金において業界トップの地位を築いてきました。

また、同社では、現在、個人投資家への圧倒的な販売力やSBIグループのリソースを活かして、新規株式公開業務(IPO)や公募増資業務、立会外分売業務、M&A業務など、法人向けサービスも提供しています。

SBI証券の沿革

SBI証券は、ネット時代の中で急速な発展を遂げ、業界最大手となっています。

・1998年:ソフトバンクとE*TRADEが出資するイー・トレードが大沢証券を子会社化
・1999年:大沢証券からイー・トレード証券に商号変更、インターネット取引を開始
・2005年:フィデス証券と合併
・2006年:100万口座突破、SBIイー・トレード証券に商号変更
・2007年:SBI証券と合併
・2008年:SBI証券に商号変更、株式交換でSBIホールディングスの完全子会社に
・2009年:日本インベスターズ証券から事業譲受
・2010年:SBIフューチャーズと合併
・2011年:インドネシアとベトナムの大手証券会社に出資
・2012年:株式移転でSBIファイナンシャルサービシーズの子会社に、対面部門分割

SBI証券の取扱商品(2015年12月30日現在)

SBI証券は、顧客の多様なニーズに応えて、充実した商品ラインナップを提供しています。

国内株式 現物取引、信用取引、PTS取引、IPO/PO、立会外分売、単元未満株(S株)、国内ETF、ETNREIT、証券投資法人
外国株式 米国株式中国株式、韓国株式、ロシア株式、ベトナム株式、インドネシア株式、シンガポール株式、タイ株式、マレーシア株式、海外ETF
投資信託 投資信託、外貨MMFMMF中国ファンドMRF
債券 円貨建債券外貨建債券
各種金融商品 外国為替保証金取引、先物・オプション、カバードワラント、保険 他

SBI証券の提供サービス(2015年12月30日現在)

SBI証券は、顧客の視点から考えた、多様なサービスを提供しています。

投資情報 マーケット情報(主要指標、ニュース、ランキング、チャート、レポート)、銘柄検索・シミュレーションツール、有料サービス
入金・出金・振替 銀行振込、即時入金、ATMカード入金、SBIハイブリット預金(預り金自動スィープサービス)、振替入金(ゆうちょ銀行
登録金融機関口座への出金、ATMカード出金
外貨決済、為替取引、外貨入金、外貨出金
外国為替保証金取引口座、先物・オプション取引口座への振替
メールサービス
メッセージボックス、スマートアラート、約定通知メール、追証アラート、証拠金不足アラート、案内メール 他
移管 移管入庫、移管出庫
その他
サービス
電子交付サービス、ポイントプログラム、証券担保ローン、ATMカード・クレジットカード、SBIプレミアム 他

SBI証券の会社概要(2015年12月30日現在)

SBI証券は、SBIグループのオンライン総合証券会社です。

商号 株式会社SBI証券
〔SBI SECURITIES Co.,Ltd.〕
本店所在地 東京都港区六本木1-6-1
系列 SBIグループ
事業内容 オンライン総合証券
特色 ネット証券No.1の口座開設数
業界屈指の格安手数料
豊富な商品ラインナップ
高機能な取引ツール
業界髄一のマーケット情報
リアルタイム入金 他