あさひ銀行

あさひ銀行は、1992年9月21日から2003年2月28日まで使われた、都市銀行の旧称をいいます。同行は、現在のりそな銀行(本店・大阪府)と埼玉りそな銀行(本店・埼玉県)の前身行で、1991年4月に協和銀行と埼玉銀行が合併して「協和埼玉銀行」となり、1992年9月に「あさひ銀行」に商号変更されました。

1990年代は、日本でバブルが崩壊して、金融業界が巨額の不良債権に苦しんだ時代であり、そういった中であさひ銀行が誕生し、その後、生き残りを賭けた都銀再編の流れの中で、2002年に大和銀行と経営統合しました。そして、2003年にあさひ銀行は、グループ内の再編(分割・合併)により、りそな銀行と埼玉りそな銀行に継承されました。

あさひ銀行の沿革

あさひ銀行は、平成の一時期(1992年-2003年)、都市銀行の一つとして、世間に知られていました。

・1991年4月に協和銀行と埼玉銀行が対等合併し、協和埼玉銀行となる。

・1992年9月に協和埼玉銀行が商号を「あさひ銀行」に変更する。

・1994年6月に証券子会社の「あさひ証券」を設立する。

・1996年3月に信託子会社の「あさひ信託銀行」を設立する。

・1999年3月に金融危機への対応から公的資金5000億円が注入される。

・2001年9月に大和銀行グループとあさひ銀行が経営統合に基本合意する。

・2002年3月に大和銀ホールディングス(現・りそなホールディングス)は、株式交換によりあさひ銀行と経営統合し、あさひ銀行は大和銀ホールディングスの完全子会社となる。

・2002年8月に埼玉県を地盤とした「埼玉りそな銀行」が設立される。

・2002年10月に大和銀行とあさひ信託銀行が合併する。

・2003年3月に大和銀行と埼玉りそな銀行は、分割後のあさひ銀行と合併し、同時に大和銀行は商号を「りそな銀行」に変更する。

あさひ銀行の概要

あさひ銀行は、1991年4月1日に、都銀下位行同士であった、協和銀行(本店・東京都)と埼玉銀行(本店・埼玉県)が対等合併により、「協和埼玉銀行」として誕生しました(1992年に商号変更)。

貯蓄銀行を前身とする協和銀行と地方銀行として出発した埼玉銀行は、共に大企業取引よりも、中堅・中小企業取引と個人取引を主力としており、当時、あさひ銀行は、統合後の経営戦略として、首都圏に強い「リテールトップバンク」を標榜していました。また、マスコットキャラクターは、協和銀行からのミッフィーを引き続き採用しました。

1990年代は、バブル崩壊による平成不況が長期化し、金融システムへの不安が広がり、生き残りを賭けた都銀再編が進行する中、あさひ銀行も他行との統合を目指しました(あさひ銀行も不良債権問題に苦しんだ)。そういった中で、1998年から2000年にかけて、当初の東海銀行に加えて、三和銀行とも統合する構想を進めていましたが、最終的には戦略の違いにより離脱しました。

2001年は、ITバブル崩壊による世界的な株価急落に見舞われ、マーケットやメディアなどにおいて、あさひ銀行の経営悪化が注目されて株価が乱高下する中、いくつかの統合交渉を経て、大和銀行と経営統合することになりました。そして、2002年に経営統合し、2003年にあさひ銀行は分割されて、りそな銀行と埼玉りそな銀行に継承されました。

金融ブランド事典

カテゴリー