縁故地方債

読み方: えんこちほうさい
分類: 債券|分類

縁故地方債は、縁故債非公募債)の一つで、正式には「銀行等引受地方債」と呼ばれ、発行団体と関係の深い特定の者が引受ける地方債のことをいいます(2003年度より「銀行等引受地方債」と名称を変更)。これは、都道府県や市町村など地方自治体が発行する債券で、その種類には、銀行や保険会社などを対象とした「銀行等縁故債」、地方共済組合などを対象とした「共済等縁故債」、地元の企業などを対象とした「会社等縁故債」などがあります。

一般に縁故地方債の発行形式には、「証券」による形式と「証書借り入れ」による形式の二つがありますが、今日では発行の利便性や時価会計制度の観点から「証書借り入れ」による形式で発行されるケースが主流となっています(保有する金融機関等が期末の時価評価を不要とするため)。なお、本債券は、知名度において、市場公募地方債に劣っており、また発行団体数も多く、かつ発行額も小さな銘柄が多く、さらに保有者も特定の者に偏っているため、流動性は市場公募地方債に比べて大きく劣っています。