電信売相場

読み方: でんしんうりそうば
英語名: Telegraphic Transfer Selling Rate
分類: 為替相場

電信売相場(対顧客電信売相場)は、「TTS」とも呼ばれ、顧客が銀行等の金融機関で円貨を外国通貨(外貨)に換える場合に適用されるレートをいいます。これは、金融機関側(売り手)から見れば、顧客へ外貨を販売する(外貨を売って円を買う)際のレートであるため、「売相場(Selling Rate)」と呼ばれます。また、提示されるレートについては、外国為替市場(インターバンク市場)の取引実勢レートを基準にして、金融機関毎に決定される「仲値(TTM)」に為替手数料を上乗せしたものになっています。

一般に電信売相場は、金融機関が顧客との取引において、為替手数料(為替コスト)を取ることにより、「外貨を高く売る」という仕組みになっており、現在、円貨外貨に換える取引の他に、仕向送金、輸入の本邦ローンやインパクトローンの期日決済、外貨預金の預入などの際にも適用されます。なお、電信売相場に対して、顧客が金融機関で外貨を円貨に換える場合に適用されるレートを「電信買相場(TTB)」と言います。

・電信売相場=仲値+為替コスト
・電信買相場=仲値-為替コスト

※為替手数料:対象となる外貨によって異なり、また同じ外貨でも金融機関によっては結構異なる。