隠密介入

読み方: おんみつかいにゅう
分類: 外貨投資|為替介入

隠密介入は、外国為替市場通貨当局(政府や中央銀行)が為替介入を行う際に、介入を行っていることを公表せずに秘密裏に行うことをいいます。これは、正式な用語ではなく、マーケット関係者が一般的に使用しているスラング(隠語)で、「覆面介入」と言うこともあります。

従来、日本において、為替介入(外国為替平衡操作)は、日本銀行が介入後、すぐに市場に介入の事実を認める形で、1990年代半ばから公表していましたが、2003年の円高時に大規模かつ断続的な隠密介入を行った際には、国内外から大きな批判を浴びることになりました。

なお、実際の為替介入の規模や金額は、財務省が発表する毎月月末または四半期毎の日ベースの「外国為替平衡操作の実施状況」から知ることができます。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

IG証券は、ロンドンに本拠地を構える、グローバル金融サービスプロバイダーIGグループの日本拠点です。