協調介入

読み方: きょうちょうかいにゅう
分類: 外貨投資|為替介入

協調介入は、複数の国の通貨当局が同一の通貨を買い支えるなど、共通の目的を持って、協調して外国為替市場で同時に為替介入することをいいます。これは、外国為替市場において、過剰に流通している通貨を購入する一方で、不足している通貨を売却することによって、外国為替相場の安定化を図るものです。また、為替介入とは、為替相場に影響を与えることを目的に、財務省中央銀行など通貨当局が外国為替市場で実施する通貨(外国為替)の売買取引のことをいいます。

一般に協調介入の主な目的は、外国為替市場において、相場の乱高下を抑えたり、一方向への相場の暴走を抑えたりするなど、為替相場の行き過ぎを是正し、バランスのとれた水準に誘導することです。過去においては、1985年のプラザ合意後のドル売り協調介入や、1987年のルーブル合意後のドル買い協調介入などが代表例として挙げられます。また、日本においては、過去の円高時に、行き過ぎた円高ドル安を是正することを目的として協調介入が行われました。

通常、協調介入は、数カ国(二国以上)で同時に外国為替市場に介入するため、一国が単独で行う「単独介入」よりも金額の規模も効果も大きいと言えます。その一方で、各国の思惑が異なることも多く、また中々足並みを揃えることが難しいのも現実であり、そこを市場で見透かされることも多いです。