PV

読み方: ぴーぶい
英語名: Present Value
分類: 基本事項

PVは、"Present Value"の略で、日本語で「現在価値」のことをいいます。これは、発生時期の異なる貨幣価値を比較可能にするために、FV(将来価値)を一定の割引率(現金の時間的価値)を使って、現在時点まで割り戻した価値を指します。

一般にPVは、企業価値の評価や金融商品の評価などファイナンス全般で使われ、将来得られるキャッシュフローについて、割引率を用いて、現在の価値に計算し直した時にいくらになるかを示します。例えば、スワップやオプションなどのデリバティブ商品の時価については、キャッシュフロー毎のPVの合計額になります。

ちなみに、PVは、上記の他に、「Promotion Video(プロモーションビデオ)」や「Public Viewing(パブリックビューイング)」、「Page View(ページビュー)」などの略でも使われています。

PVの概念

PV(現在価値)は、FV(将来価値)に対する用語で、割引率を使って、将来に発生する価値を現時点での価値に直したものをいいます。

<PV(現在価値)とFV(将来価値)の具体例>

仮に1,000,000円(PV)を年利1%で1年間運用したら、1年後に1,010,000円(FV)になる。逆に1年後に1,000,000円(FV)にしようとするなら、割引率は1%となり、そのPVは990,099円となる(1,000,00円/1.01=990,099円)。

一般に貨幣(お金)の価値は、同金額ならば、それを受取る時点が現在に近いほど価値は高くなります。その理由としては、上記の例からも分かるように、国債などのほぼ無リスクな運用手段により、金利収入分が上乗せされるからです。

PVとリスク

実際の企業価値や金融商品などから生み出されるキャッシュフローにはリスクが付きものであり、そのリスクによってもPV(現在価値)は大きな影響を受けます。通常、リスクについては、PVを減少させる要素となりますが、どれだけPVを減少させるかの定量化は難しいことが多いです。

そのため、デリバティブのプライシングなどでは、このようなリスクに対しての「減価をしない市場(いわゆるリスク中立世界)」を仮定してプライシングする手法もあります。