世界貿易機関(WTO)

読み方: せかいぼうえききかん
英語名: World Trade Organization
分類: 世界経済|国際機関

WTOは、"World Trade Organization"の略で、日本語では「世界貿易機関」と呼ばれ、国際貿易に関するルールを取り扱う唯一の国際機関をいいます。これは、GATTウルグアイ・ラウンドにおける合意に基づき、マラケシュ宣言により、1995年1月にGATT(General Agreement on Tariffs and Trade:関税及び貿易に関する一般協定)を発展解消させて発足し、本部はスイスのジュネーブにあります。また、WTO協定による多角的貿易体制は、既存の貿易ルールの強化、新しい分野のルール策定、紛争解決手続の強化、諸協定の統一的な運用の確保といった特徴があります。

現在、WTOは、各国が自由にモノ・サービスなどの貿易ができるようにするためのルール(各種の協定)を定め、貿易障壁を削減・撤廃するために、加盟国間の貿易交渉の場を提供する国際機関として機能し、世界の多角的貿易体制の中核を担っているほか、貿易に関する国際紛争を解決するためのシステムも設けています。

WTOの公式な意志決定と任務

WTOの意志決定機関としては、全ての加盟国の代表で構成する「閣僚会議」と「一般理事会」があり、一般理事会は、閣僚会議(少なくとも2年に1回開催)の会合から次の会合の間において、逐次任務を遂行する機関となっています。なお、意志決定については、「コンセンサス方式」を採用しています。

<WTOの主な任務>

・WTO設立協定及び多角的貿易協定の実施・運用等
・多角的貿易関係に関する交渉の場及び交渉結果の実施の枠組みの提供
・紛争解決了解の運用
・貿易政策検討制度の運用
IMF世界銀行など関連機関との協力

※コンセンサス方式:全ての加盟国の合意によって意志決定するもので、一つの加盟国でも反対すれば、残りの全ての国が賛成しても決定は下せない。

WTOのラウンド

ラウンドとは、鉱工業品や農林水産品の関税引き下げ、サービス分野の規制緩和など、幅広い分野について「包括的に交渉すること」を指します。2001年11月のドーハ閣僚会議で、WTO発足後初となるラウンドの開始が決定され、その閣僚会議の開催場所であるカタールのドーハにちなんで「ドーハ・ラウンド」と呼ばれます。(途上国の意向を踏まえ、正式には「ドーハ・開発・アジェンダ」と言う)