国債発行計画

読み方: こくさいはっこうけいかく
分類: 日本経済|財政

国債発行計画は、財務省が毎年度の予算編成に合わせ、国の歳入の一部となる国債を年度中にどのように発行するかを定めた計画のことをいいます。これは、国債管理政策の概要、国債発行予定額、カレンダーベース市中発行額、政府保証債発行予定額などからなり、その中で「国債管理政策の概要」において、国債発行規模や主な施策などの基本計画が記されています。現在、毎年の国債発行総額の内訳は、建設国債特例国債復興債借換債財投債などから構成され、また全体の約6割は過去に発行した国債の償還額の一部を借り換える「借換債」が占めています。

なお、国債消化において、国債が市場で安定的に消化されないと、需給に応じて金利が変動しやすくなるため、財務省では市場の動向やニーズ(証券会社・銀行・保険会社などの市場関係者からの意見等)を踏まえ、バランスの取れた年限構成や流動性向上など綿密な計画を立てています。