有限均衡方式

読み方: ゆうげんきんこうほうしき
分類: 年金財政

有限均衡方式は、2004年の年金制度改正において、日本の公的年金の財政運営について、現時点で視野に入れる有限の期間(財政均衡期間)を予め設定し、その財政均衡期間において年金財政の均衡を図るという方式をいいます。これは、時間の経過と共に、その均衡を考える期間を先に移動させ、結果として将来に渡り均衡を図り、財政均衡期間の最後において支払準備金程度の積立金を確保することとしています。また、財政均衡期間については、既に生まれている世代が年金の受給を終えるまでの概ね100年間と法律上明記されています。

なお、有限均衡方式に対して、現時点で将来に渡る全ての期間について、負担と給付の均衡の確保を図ろうとする方式(制度の永久存続を前提とした考え方)を「永久均衡方式」と言います。