公的年金の仕組みと役割は?

現在、年金について様々な議論がなされていますが、特に「財源確保」と「給付水準」が大きなポイントになっています。と言いますのも、公的年金制度では、年金の実質価値が目減りしないように、物価の上昇にあわせて年金額が改善される仕組みとなっており、特に老齢年金は高齢者の老後の生活を実質的に支える役割を果たしているからです。こうしたことが可能なのは、現役世代が必ず制度に加入することによって、安定的な保険集団を構成し、年金給付に必要な財源を後代の負担に求める「世代間扶養」の仕組みになっているからです。

一般に年金は、誰もが将来受給するものであり、私たちの将来(老後)の生活設計にとって非常に重要なものです。しかしながら、今後の少子・高齢化のさらなる進展により、現役世代の保険料負担が過重なものとなる可能性が高く、そうならないためには、一定の積立金を保有し、その運用収入によって、将来の保険料負担を軽減する財政運営を行う必要があります。このような観点からも、今後の公的年金に関する動向には十分に注意が必要と言えます。

年金の被保険者は?

日本の年金関連の法律は、これまでに何度も改正され、1961年に国民皆年金体制が実現しました。これにより、20歳以上60歳未満の全国民が第1号から第3号のいずれかの被保険者となり、保険料を負担することにより、全ての人が年金を受けられるようになっています。

|第1号被保険者

自営業者、農林漁業者、学生、無職の方などが対象です。

|第2号被保険者

会社員や公務員の方などが対象です。

|第3号被保険者

第2号被保険者の配偶者(被扶養者)が対象です。

年金の加入制度は?

日本の公的年金は、全ての人が同じ制度に加入しているのかと言うと、それは違い、その人の職業などによって、加入する制度が異なります。そのため、自分がどの制度にどのくらい加入してきたかによって、将来受け取る年金額が変わってきます。

|国民年金

老齢・障害・死亡によって国民生活の安定が損なわれることを国民の共同連帯によって防止し、健全な国民生活の維持および向上に寄与することを目的としています。

|厚生年金

民間労働者や公務員等の老齢・障害・死亡について保険給付を行い、これらの者およびその遺族の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的としています。(被用者年金一元化法の施行により、2015年10月から、これまで厚生年金と三つの共済年金に分かれていた公務員等の年金制度が厚生年金に統一された)

※共済年金:国家公務員、地方公務員、私立学校教職員などの組合員の老齢・障害・死亡について保険給付を行い、組合員や遺族の生活の安定と福祉の向上を目的としていた。

年金の給付種類は?

日本の公的年金は、各制度において、給付要件別に「老齢年金」「障害年金」「遺族年金」の3種類があります。

|老齢年金

老後の生活を支援するために支給される年金です。

|障害年金

ケガや病気で障害者になった時に支給される年金です。

|遺族年金

世帯主の死亡など遺族の生活を支援するために支給される年金です。