障害年金について

世間で年金問題が議論される時、ともすれば、「老齢年金」の問題に注目が集まる傾向にありますが、忘れてはならないのが「障害年金」です。人生において、いつ何時、病気やケガによって、不幸にも身体に障害が残るというリスクは誰にでもありえます。そうなった時、自分の生活設計はもちろんのこと、家族の生活にも大きな影響を与えることになるでしょう。

一般に障害年金とは、傷病によって、一定程度の障害の状態になった人に対して支給される年金のことをいい、万が一、そのような状態になった場合、各年金制度から支給されることになります。ただし、支給の際には、一定の保険料納付要件を満たしていることが必要であり、また支給額も障害の程度(等級)によって違ってきます。

ここでは、障害年金の基本として、「障害基礎年金」と「障害厚生年金」の概要について簡単にまとめてみました。

障害基礎年金とは何か?

障害基礎年金は、国民年金から支給される公的年金で、国民年金の被保険者がケガや病気により障害が残った場合に障害等級1級・2級に該当し、所定の保険料納付要件を満たしている場合に障害等級に応じて支給されます。

・所定の保険料納付要件を満たしている者が障害等級(1・2級)に該当する障害と認定された場合に支給される
・20歳未満で障害の状態となった場合、20歳に達した日から障害基礎年金が支給される(特例で保険料を納めていなくても支給、支給額で所得制限あり)
・年金額は、子供の人数により加算される(平成28年度)
-障害等級1級:780,100円×1.25+子の加算
-障害等級2級:780,100円+子の加算

障害厚生年金とは何か?

障害厚生年金は、厚生年金保険から支給される公的年金で、ケガや病気の初診日が厚生年金保険の被保険者期間中で、そのケガや病気により、障害等級1級・2級に該当した場合に、障害基礎年金に上乗せして支給されるものです。なお、障害等級3級の場合は、障害基礎年金は支給されませんが、障害厚生年金は支給されます。

・所定の保険料納付要件を満たし、身体に一定の障害が残った場合、その程度(等級)に合わせて障害厚生年金または障害手当金(一時金)が支給される
・年金額は、保険料納付期間に応じて、1級から3級までの年金額が決められる
障害手当金は、障害等級(1-3級)に該当しない軽度の障害の状態の場合、一時金として支給される