合筆登記

読み方: がっぴつとうき
分類: 不動産|登記

合筆登記は、複数(数筆)の土地を一つ(一筆)の土地にするための不動産登記をいいます。

一般に土地の合筆がなされると、原則として、合筆後の土地の地番は合筆前の首位の地番(最も若い地番)となり、それ以外の土地の登記記録は閉鎖されます(従来の数筆の土地の登記記録は閉鎖され、閉鎖登記簿へ移行する)。また、登記所に備付の地図等において、合筆した土地同士を隔てていた筆界線は抹消されます。

<合筆登記の制限事項について>

地目が同一であること
・合筆する土地同士が隣接し、所在が同じであること
・所有者が同一であること(名義人も住所も同一)
・抵当権等の登記が行われている場合、登記原因・日付・登記の目的及び受付番号が同一であること