不動産登記簿

読み方: ふどうさんとうきぼ
分類: 不動産登記

不動産登記簿は、不動産土地建物)の物的状況や所有者状況、権利関係を公示するために、法務局(登記所)に備え付けられた書類(登記記録)のことをいいます。これには、「土地登記簿」と「建物登記簿」の2つがあり、どちらもその不動産を管轄する登記所に保管され、誰でも自由に閲覧したり、写しを入手したりすることができます。また、不動産登記とは、不動産に関する物理的現状と権利関係を登記所に備える公の帳簿である「登記簿」に記載し、公示する制度のことをいいます。

一般に不動産登記簿は、「表題部」と「権利部」に分かれ、さらに権利部は、所有権に関する登記を行う「甲区」と、所有権以外の権利に関する登記を行う「乙区」に分かれます。

・不動産登記簿の種類:土地登記簿、建物登記簿
・不動産登記簿の区分:表題部、権利部(甲区、乙区)

不動産登記簿の表題部

表題部は、不動産の物的状況を記載した部分をいいます。

<土地の場合>
所在、地番地目(土地の現況)、地積(土地の面積)、原因、所有者などを記録

<建物の場合>
所在、家屋番号、種類、構造、床面積、原因、所有者などを記録

不動産登記簿の権利部

権利部は、不動産の権利に関する状況を記載した部分をいいます。

<甲区:所有者に関する事項>
所有権移転登記、所有権に関する仮登記、差押え、仮処分などを記録

<乙区:所有権以外の権利に関する事項>
抵当権設定、地上権設定、地役権設定などを記録