地積

読み方: ちせき
分類: 不動産登記

地積は、土地登記簿表題部に記載されている「土地の面積」をいいます。これは、不動産登記規則によれば、水平投影面積によって計算され、また平方メートルを単位として定め、1平方メートルの100分の1(宅地及び鉱泉地以外の土地で10平方メートルを超えるものについては、1平方メートル)未満の端数は切り捨てることとされています。

一般に地積は、登記された土地の登記簿上の面積(公簿面積)ですが、土地によっては、実際に測量した土地の面積である「実測面積」と異なることがあります。そのため、不動産取引において、土地の面積を確認する際には、実測面積を必ずチェックすることが必要です。(元々は、明治時代初頭の測量により作られた公図をもとに計算されていたため。特に古くからの土地には要注意)。

なお、一筆ないし数筆の土地の地積を法的に確定した図面を「地積測量図」と言い、これは登記所に保存されており、誰でも閲覧及び写しの交付を請求することができます。