分筆

読み方: ぶんぴつ
分類: 不動産登記

分筆は、土地登記簿上で一つの土地一筆)になっている土地を、いくつか(数筆)の土地に分割することをいいます。これは、登記所分筆登記を申請することにより行われ、通常、登記簿上の所有名義人の申請によって行われますが、一筆の土地の一部が別地目となる場合や地番区域を異にするに至った場合は、所有名義人の申請が無くても、登記官の職権により行うこととなります。

一般に分筆登記の申請の際には、分割後の土地の地積測量図を添付する必要があります。また、分筆された土地の地番は、原則として、分筆前の土地の地番に支号(枝番号)を定められます。なお、抵当権根抵当権などの担保の目的となっている土地の分筆の場合で、分割後の数筆の土地にその権利が存続する時は、共同担保目録を添付する必要があります。