公示地価/公示価格

読み方: こうじちか
分類: 不動産|土地

公示地価は、「公示価格」とも呼ばれ、地価公示法に基づいて、国土交通省が毎年3月に公表する土地価格をいいます。これは、住宅地、商業地、宅地見込地、準工業地、工業地、市街化調整区域内宅地、市街化調整区域内林地に分類され、毎年1月1日における「標準地」の単位面積当たりの「正常な価格」を公表することで、土地の取引価格に一定の指標を与え、土地取引の目安となるほか、公共用地の取得価格などを算定する際にも参考にされます。また、正常な価格とは、土地について、自由な取引が行われる場合、その取引において通常成立すると認められる価格であり、すなわち、市場性を有する不動産について、現実の社会・経済情勢の下で合理的と考えられる条件を満たす市場で形成されるであろう市場価値を示す「適正な価格(売手にも買手にも偏らない客観的な価値)」を意味します。

一般に公示地価は、一地点に対して二名以上の不動産鑑定士が別々に現地を調査し、近隣の土地の売買例や家賃収入などを考慮して算定した評価をもとに、国土交通省の土地鑑定委員会が決定します。その際に、土地の本来の価値を示すために、建物が建っている土地ではなく、更地としての評価(推定)を行い、また1平方メートル当たりの価格を示したものとなっています。なお、公示対象となる土地は、原則として都市計画法による都市計画区域内ですが、都市計画区域以外でも、土地取引が相当程度見込まれるものとして省令で定められた区域が対象に加わることがあります。