空地

読み方: くうち
分類: 不動産|土地

空地は、国語辞書では、「建物や農耕などに利用されていない土地(あき地)、建築物などによって覆われていない土地」を意味します。これは、不動産用語(建築基準法)では、敷地内において、建物が建っていない部分(建物に占有されていない部分)の土地をいいます。また、土地の所有者だけが使用するのではなく、一般の人も利用できるようになっている空地のことを「公開空地」と言います。

一般にマンションにおいても、敷地内で建物が建っていない空間のことを「空地」と言い、歩行者用通路や駐車場、植栽、提供公園などに活用されています。通常、これが広いほど開放感があり、またオープンスペースがたくさん確保できるため、空地の広いマンションほど住み心地が良いとされます。