剛接骨組構造/剛接架構

読み方: ごうせつほねぐみこうぞう
分類: 不動産|建築構造

剛接骨組構造(剛接架構)は、「ラーメン構造」とも呼ばれ、建物の構造躯体の種類の一つで、柱やといった部材同士が剛接合され、水平方向の外力などに対抗できる強い骨組を形成している建築構造のことをいいます(ラーメン〔rahmen〕とは、ドイツ語で「枠、額縁」といった意味)。また、剛接合とは、部材の接合部が完全に固定されており、水平方向の力が掛かっても接合部が回転・変形しないことをいいます。

一般に剛接骨組構造は、耐力壁筋交いを入れなくても、地震などの横揺れに耐えられる構造のため、のない自由な空間を作ることが可能で、窓の大きさや位置、間取り、レイアウトなどを比較的自由に設計できます。また、低層から超高層まで幅広く対応可能で、特に鉄骨造鉄筋コンクリート造の建物に多く採用されており、例えば、中高層マンションなどでも用いられています。