建ぺい率

読み方: けんぺいりつ
分類: 不動産|建築

建ぺい率は、敷地面積に対する建築面積(通常は1階の床面積)の割合のことで、建築面積を敷地面積で割った値のことをいいます。これは、敷地に対してどれくらいの規模の建物が建てられるのか、また逆にどれくらいの空き地を確保しなければならないのか、という割合を意味します。例えば、建ぺい率が60%の地域であれば、100平米の土地には、1階あたり60平米の建築が可能となります。

一般に建ぺい率は、建築基準法により、防火や避難路、通風、採光などを確保するために、都市計画区域内では、用途地域の種別や建築物の構造などにより、その限度割合(30%~80%)が定められており、原則として指定建ぺい率を上回る建築面積の建物を建ててはならないことになっています。

なお、建ぺい率の違う複数の地域にまたがって建物を建築する場合は、加重平均により建ぺい率を計算し、また防火地域と防火地域以外の地域にまたがった建物を建築する場合は、防火地域以外の敷地は防火地域内とみなされます。ちなみに、近隣商業地域と商業地域で防火地域内にある耐火建築物などについては、一定の割合で建ぺい率の割合が緩和される措置もあります。

・建ぺい率(%)=(建築面積/敷地面積)×100