元本保証

読み方: がんぽんほしょう
分類: 預金取引

元本保証は、全ての運用期間および払出時において、元本割れしない(元本の額が減らない)ことを保証することをいいます。これは、運用目的等で預けた資金に対して、全ての運用期間にわたって「元本の額が減らない」ことを保証すると共に、払出時(支払時)に「元本が満額支払われる」ことを保証することを意味します。

一般に銀行証券会社保険会社などの金融機関が提供する"元本保証の金融商品"には、預貯金債券国債地方債普通社債・・・)、保険(一時払養老保険、生活傷害保険・・・)などがありますが、その仕組みは、預け先が支払うと保証(約束)しているだけで、もし預け先が破綻した場合には、元本割れすることもあるので注意が必要です。

例えば、預金については、預金保険制度でカバーされている分と決済性預金以外は、銀行等が破綻した場合は元本割れもあり、また債券については、国債は国が保証していますが、社債は企業が破綻した場合はデフォルトもありえます。また、保険については、保険契約者保護機構制度はありますが、保険会社が破綻した場合は元本割れもありえます。

なお、元本保証と似た用語に「元本確保」というものがありますが、これは「満期まで所有した場合には元本を確保する」ことを意味し、満期までの間においては、中途解約などで元本が目減りする可能性(リスク)もあるので注意が必要です。

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。