個人向け国債

個人向け国債は、国債の大量発行が続く中、国債を円滑かつ確実に発行していく上で、日本国政府が個人の国債保有を促進するために、原則として個人だけが購入・保有できる国債をいいます。これは、額面金額1万円から1万円単位で購入でき、国が額面金額(元本)と利子の支払いを保証し、また満期時に元本を受け取ることができるため、長期の安定した資産運用の一つの選択肢になります。

現在、個人向け国債には、導入当初の2003年3月より発行している「個人向け国債 変動10年」、2006年1月より発行している「個人向け国債 固定5年」、2010年6月より発行している「個人向け国債 固定3年」の3種類があり、毎月募集しています(年12回発行)。また、募集期間については、15~20営業日程度(約3~4週間)で、証券会社銀行などの金融機関で購入することができます。

個人向け国債の購入時の手続きと保有時の管理

個人向け国債を含めて、初めて「国債」を購入する場合、国債を購入しようとする証券会社や銀行などの金融機関に「国債の口座」を開設する必要があります。通常、口座を開設する際には、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類や印鑑等が、また国債を購入する際には、購入代金や預金通帳、印鑑等が必要になります。

なお、個人向け国債は、国債証券が発行されないペーパーレスの「振替債」のため、金融機関に開設する「国債の口座」に取引を記録することによって管理されることになります。

個人向け国債 変動10年の概要

正式名称を「個人向け利付国庫債券(変動・10年)」と言い、市場の実勢金利に応じて、半年ごとに適用利率(クーポン)が変わる国債です。これは、毎回受け取る利子の金額に増減が生じ、将来の金利上昇に期待して、長い目で運用したい場合に適しています。

取扱機関 証券会社、銀行、郵便局など
リターン インカムゲイン(クーポン)
リスク 満期まで保有すれば、リスクなし
関連マーケット 長期金融市場(債券市場)
償還期限 10年
償還金額 額面金額100円につき100円
最低額面金額 1万円
金利種類 変動金利・・・年2回(半年毎に)利払い
金利水準 各利払期における適用利率(年率)は、基準金利に0.66を掛けた値。また、適用利率の下限は0.05%
中途換金 第2期利子支払日(発行から1年経過)後であれば、いつでも中途換金可能
保護制度 国が元利保証

個人向け国債 固定5年の概要

正式名称を「個人向け利付国庫債券(固定・5年)」と言い、満期までの5年間、発行時に設定された利率(クーポン)が変わらない国債です。これは、5年間、同じ額の利子を年2回受け取れるため、最終的な収益を見込んで確実に運用したい場合に適しています。

取扱機関 証券会社、銀行、郵便局など
リターン インカムゲイン(クーポン)
リスク 満期まで保有すれば、リスクなし
関連マーケット 長期金融市場(債券市場)
償還期限 5年
償還金額 額面金額100円につき100円
最低額面金額 1万円
金利種類 固定金利・・・年2回(半年毎に)利払い
金利水準 利率(年率)は、基準金利から0.05%を差し引いた値。また、利率の下限は0.05%
中途換金 第4期利子支払日(発行から2年経過)後であれば、いつでも中途換金可能
保護制度 国が元利保証

個人向け国債 固定3年の概要

正式名称を「個人向け利付国庫債券(固定・3年)」と言い、満期までの3年間、発行時に設定された利率(クーポン)が変わらない国債です。これは、3年間、同じ額の利子を年2回受け取れるため、最終的な収益を見込んで確実に運用したい場合に適しています。

取扱機関 証券会社、銀行、郵便局など
リターン インカムゲイン(クーポン)
リスク 満期まで保有すれば、リスクなし
関連マーケット 長期金融市場(債券市場)
償還期限 3年
償還金額 額面金額100円につき100円
最低額面金額 1万円
金利種類 固定金利・・・年2回(半年毎に)利払い
金利水準 利率(年率)は、基準金利から0.03%を差し引いた値。また、利率の下限は0.05%
中途換金 第2期利子支払日(発行から1年経過)後であれば、いつでも中途換金可能
保護制度 国が元利保証