従業員持株会

従業員持株会は、民法に基づいて設立された組合で、上場企業などの従業員が自分の勤めている企業の株式(自社株)を定期的に購入し、中長期的な資産形成を支援する制度をいいます。また、「持株会」と言った場合、この従業員持株会以外に、役員を対象にした「役員持株会」、子会社やグループ会社などの従業員を対象とした「拡大従業員持株会」、取引先を対象とした「取引先持株会」などもあります。

一般に従業員持株会は、給与または賞与から購入代金を天引きし、持株会を行っている従業員一人一人の投資金額を取りまとめて、持株会規約により予め定めた日に株式を購入していきます。その仕組みは、「株式累積投資」と似ており、一定期間毎に一定金額を継続的に投資する方法である「ドル・コスト平均法」で株式を購入するため、株価が高い時は少ない株数を、株価が安い時は多くの株数を買うことになります。これによって、中長期的に株式(自社株)を買い続けていくと、株価が高い時も安い時も同じ株数を買う場合に比べて、1株当たりの平均買付価格を低くすることができます(購入単価の平準化効果)。

なお、従業員持株会の導入や運営は、大手の総合証券会社などが請け負っており、自分の運用状況については、インターネットの専用画面で見られるところが多いです。

※未上場企業の従業員持株会の場合は、株式の流通市場がないため、株式の購入や売却の仕組みは上場企業とは大きく異なる。

従業員持株会の従業員にとってのメリット

従業員持株会は、加入は任意になっていますが、従業員にとって、以下のようなメリットがあります。

・少額の金額から自社株を定期的に購入できる
・給料またはボーナスから天引きされるので手間がかからない
・会社によっては、奨励金を支給するところもある
・中長期的な視点で株式による資産形成ができる

従業員持株会の企業にとってのメリット

従業員持株会は、上場企業の大半が導入しており、企業にとって、以下のようなメリットがあります。

・従業員の福利厚生制度を充実させることができる
・従業員が株主となり、企業への忠誠心や一体感が強まる
・企業防衛において、株主構成を安定させることができる

従業員持株会の基本事項

従業員持株会(社員持株会)は、本制度のある企業に勤める従業員の方が利用することができます。

取扱機関 持株会のある企業
取扱株式 勤務する企業の株式(自社株)
リターン インカムゲイン(配当金)、キャピタルゲイン(売却益)
リスク 価格変動リスク(株価)、信用リスク(企業の倒産)
関連マーケット 株式市場
投資期間 一般的に中長期
税金 申告分離課税 他