外貨普通預金

外貨普通預金は、円の普通預金に類似した商品で、外国通貨建ての期間に定めのない預金をいいます。これは、外貨定期預金と比べた場合、いつでも自由に換金できる利点がある一方で、利率は低く設定されているため、通常は金利収益ではなく為替差益を狙うことになります(円高で預け、円安で戻すことが基本)。

一般に外貨普通預金を活用する際には、外国為替相場(為替レート)を見ながら、外貨への預入や円貨への交換をタイミングよく行うことがポイントになります(為替手数料にも注意)。また、外貨建取引のベースとなる外貨預金としても活用でき、外貨の入金や外貨現金の引き出し、外貨での送金のほか、外国債券や外国投信などの受け皿口座としても使えます。

なお、昨今では、外貨預金の為替コストが高いため、外国為替証拠金取引でレバレッジを低め(1~2倍程度)にして、外貨投資をする方も増えています。

外貨普通預金の主な特徴

外貨普通預金は、金融機関によって、商品内容に若干違いがあり、利用の際には注意が必要です。(以下は、主な特徴)

・期間に定めがないため、いつでも自由に換金できる
・外貨定期預金と比べて、利率は低く設定されている
為替相場のタイミングを見て外貨の売買ができる
・外貨現金で引き出せたり、外貨のまま送金できる
・外貨資金のプール口座として利用できる

外貨普通預金の基本事項

外貨普通預金は、期限に定めがないため、円と外貨の換金のタイミングを自由に選択することができます。

取扱機関 都銀、信託、地銀、外銀、ネット銀、信金、信組・・・
リターン インカムゲイン(利息)
キャピタルゲイン(為替差益)
リスク 為替リスク(外国為替の変動、円高)
信用リスク(金融機関の倒産)
取扱通貨 米ドル、ユーロ、英ポンド、スイスフラン、豪ドル、ニュージランドドル、カナダドル・・・金融機関により異なる
適用利率 変動金利
預入金額 1通貨以上1補助通貨単位など
預入期間 無期限
預入方法 随時預け入れ
引出方法 随時払い戻し
税金 利息:源泉分離課税
為替差益:総合課税(雑所得)
預金保険 対象外