外国投信

外国投信は、「外国投資信託(外国籍投資信託)」とも呼ばれ、外国の法律に基づいて、海外で設定・運用される外国籍の投資信託(ファンド)をいいます。これに対して、国内の投資信託委託会社が設定したファンドで、たとえ海外に投資するものでも、日本の法律に基づいて設定・運用されるものは「国内投資信託(内国証券投資信託)」と言います。また、日本国内で設定され、主として外国証券に投資するファンドは、「国際株式型」や「外国債券型」などと呼ばれます。

一般に外国投信は、ほとんどが外貨建て(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドルなど)ですが、中には円建てのものもあります(国内で販売されるものは、米ドル建てが一番多い)。また、海外では、日本とファンドの運用規制が大きく異なるため、日本では設定できないようなタイプのものもあります。なお、ファンドの外国籍については、米国以外では、ルクセンブルクやアイルランドなどが多く、いずれも投資に対する税金が低い国で組成され、運用・管理されています。

外国投信の分類

現在、外国投信は、様々な種類のものがありますが、日本証券業協会では、便宜上、以下のように分類しています。その中でも、一番身近なファンドとして、MMF型に分類される「外貨MMF」があります。なお、日本国内で販売されるファンドは、金融庁への登録が義務付けられています。

●株式型ファンド

・グローバル型:全世界の株式等を投資対象としているもの
・地域別型:特定地域の株式等を投資対象としているもの

●債券型ファンド

・通常型:株式が含まれず、確定利付証券のみで運用するもの
・派生商品型:先物、オプション、仕組み債など派生商品で運用するもの
・MMF型:毎月分配を行ない、月末に再投資するもの

●その他ファンド

・不動産型:不動産等で運用するもの
・その他:いずれの分類にも属さないもの

外国投信の基本事項

外国投信は、外貨ベースでは高収益(高い運用利回り)でも、為替相場次第では投資効果が大きく異なってきますので、為替リスクには十分に注意しましょう。(投資した後に、円安基調であれば為替差益のメリットがある一方で、円高基調になると為替差損リスクがある)

取扱機関 証券会社、銀行など
※海外の金融機関から直接購入することも可能
リターン インカムゲイン(収益分配金)
キャピタルゲイン(為替差益)
リスク 為替リスク(外国為替の変動、円高)
価格変動リスク(基準価格)
関連マーケット 外国為替市場、投資対象の市場すべて
運用形態 会社型、契約型
ポイント ファンドの内容や運用実績等を確認
手数料や情報提供等を確認
リスクとリターンをしっかりと把握
中長期投資が基本