株式ミニ投資(ミニ株)

株式ミニ投資は、「ミニ株」とも呼ばれ、通常の売買単位株数(単元株式数)の「10分の1の単位」で売買できる株式取引をいいます。これは、証券会社の選定した銘柄(取扱会社によって異なる)の中から、自由に取引対象を選ぶことができ、また売買単位株数の10分の1の整数倍で(10分の9まで)購入できます。ただし、1株単位で売買されている銘柄については購入できません。

一般に株式ミニ投資では、株式名義人は証券会社の「株式ミニ投資口」名義となりますが、株式分割や配当金などは、株式の持ち分に応じて配分されることになります(議決権は行使できない)。また、取引によって追加で買い足した結果、保有銘柄の持株数が1売買単位株数(単元株式数)に達した時は、申し出の有無にかかわらず顧客名義となり、通常取引の株式と同じ扱いになります。

なお、本取引の詳細については、原則として、取扱会社で定める約款によることになっているので、具体的な内容は事前によく確認することが必要です。

株式ミニ投資の取引の仕組み

株式ミニ投資は、通常の株式投資と比べて、少ない資金で気軽に取引が始められる一方で、リアルタイムの売買ができないため、短期取引には向かず、中長期投資に向いています。また、本取引を始めるあたっては、その取扱いをする証券会社で口座を開きます。以下は、基本的な取引の仕組みです。

●株式の購入注文と約定価格

購入注文の執行は、申込日(注文日)の翌営業日に行われ、その約定価格(値段)は、主に始値(最初についた値段近辺)での購入になります。

●株式の売却注文と約定価格

売却注文の執行は、申込日(注文日)の翌営業日に行われ、その約定価格(値段)は、主に始値(最初についた値段近辺)での売却になります。

●株式の受け渡し

通常の株式投資と同様、約定日から数えて4営業日目になります。

株式ミニ投資の基本事項

株式ミニ投資は、通常の株式投資に比べて、少ない資金で気軽に株式取引ができるため、複数の銘柄への分散投資値がさ株(株価の高い株式)への投資などもしやすく、利便性は結構高いです。

取扱機関 証券会社
取扱株式 日本株の上場銘柄(取扱銘柄は証券会社毎に異なる)
リターン インカムゲイン(配当金)
キャピタルゲイン(売却益)
リスク 価格変動リスク(株価)
信用リスク(企業の倒産)
関連マーケット 株式市場
取引単位 単元株の10分の1
注文方法 成り行きのみ(銘柄名、売り/買い、株数)-翌日成約
税金 申告分離課税 他