LTCM破綻危機

読み方: えるてぃーしーえむはたんきき
分類: 国際情勢|金融危機

LTCM破綻危機は、1998年の秋頃に発生した、アメリカ合衆国(米国)の大手ヘッジファンドLTCMの実質破綻による金融危機をいいます。また、LTCMとは、「Long Term Capital Management(ロングターム・キャピタル・マネジメント)」の略で、ソロモン・ブラザーズで活躍していたトレーダーのジョン・メリウェザーの発案により設立され、1994年に運用を開始し、その取締役会の中には、FRB元副議長のデビッド・マリンズ、ブラック-ショールズ方程式を完成させ、共に1997年にノーベル経済学賞を受賞したマイロン・ショールズとロバート・マートンといった著名人が加わっていたことから「ドリームチームの運用」と呼ばれ、世界各国の金融機関機関投資家、富裕層などから巨額の資金を集めました(本部は、米国コネチカット州)。

マーケットにおいて、LTCMは、金融工学(デリバティブ)を駆使したトレーディングシステムで投資を行うヘッジファンドで、当初の運用手法は、流動性の高い債券リスクに応じた価格差で取引されていない点に着目し、実力と比較して割安と判断される債券を大量に購入し、逆に割高と判断される債券を空売りする「ロング・ショート」というものでした。その後、債券だけでなく、M&A(1995年)、金利スワップ(1996年)、私募債、モーゲージ担保証券、株式(1997年)と対象を広げ、流動性がより低く、不確実性のより高い市場へと参入していきました。また、運用成績については、平均の年間利回りが40%を突破するなど大きな成功を収め、最盛期には1000億米ドルを運用するまで規模を拡大していました。

設立以来、順風満帆の中、1997年に発生したアジア通貨危機と、その煽りを受けて1998年に発生したロシア危機(ロシアの通貨ルーブルの暴落とルーブル建て国債の債務不履行など一連の経済危機)が状況を一変させることになりました。この状況変化に対して、LTCMは、新興国に対するマーケット(投資家)の動揺は短期間に収束すると予測し、それに応じた巨額のポジションをとっていました(具体的には、市場価値が理論価格より安いイタリア国債やスペイン国債などを買い、市場価値が理論価格よりも高い米国国債などを空売りし、各々の市場価格が理論価格へ戻るまで待っていた)。しかしながら、その予測は完全に外れ、投資家の動揺(不安心理)は一向に収まらず、ついにはLTCMは実質的な破綻状態に陥りました。

当時、LTCMの実質破綻による影響として、調達した元手(巨額資金)の損失以外に、高いレバレッジをかけたデリバティブ取引があったため、LTCMがすぐに破綻すると、ただでさえ不安定となっていたマーケットに甚大な影響を与え、世界恐慌を引き起こす可能性も危惧されました(LTCMの損失が公になると株式市場は暴落し、またドル円相場では急激な円高が進行した)。このような危機的状況の中、FRBは1998年の9月・10月・11月と3カ月連続で利下げを行うと共に、ニューヨーク連邦準備銀行は10行以上の大手銀行の幹部を一同に集めてLTCM問題を話し合い、最低限の資金を融通し、当面の取引を執行させて緩やかに解体させていくことに合意し、何とか金融不安の沈静化を図りました。なお、LTCMについては、その後、デリバティブ契約を徐々に清算した後、解体されて消滅しました。