配当控除とは何か?

配当控除は、所得税の税額控除の一つで、総合課税配当所得がある場合に、一定の金額を差し引ける控除のことをいいます。これは、日本国内に本店のある法人から受ける剰余金配当、利益の配当、剰余金の分配、証券投資信託の収益の分配などが対象で、確定申告において、総合課税の適用を選択した配当所得に限られます。また、所得税の税額控除とは、課税所得金額に税率を乗じて算出した所得税額から、一定の金額を控除するものをいいます。

一般に所得税の配当控除を受けるためには、確定申告が必要です。その際には、配当について源泉徴収された所得税と、この配当控除の額が、納付すべき税額の計算上控除されます。なお、住民税にも、似たような仕組みの配当控除があります。