ボリンジャーバンドとは何か?

ボリンジャーバンド(Bollinger bands)は、移動平均を表す線と、その上下に値動きの幅を示す線を加えたもので、統計学の標準偏差の考え方を利用した分析手法をいいます。これは、1980年代前半に、米国の投資研究家であるジョン・ボリンジャー氏によって考案されたもので、一定期間の移動平均線を描き、その上下にそれぞれ2本の標準偏差のラインを加えたもので構成されます。また、上2本(+1σ、+2σ)と下2本(-1σ、-2σ)の線に挟まれた部分を「バンド」と言い、通常、価格(レート)はバンド内で上下する(収まる)と考えられています。

一般にボリンジャーバンドから逸脱する価格(レート)は、「売られ過ぎ」や「買われ過ぎ」を示しています。また、バンド幅が狭くなった後に、新たなトレンドが形成されることもあるので、バンド幅にも注意することが必要です。

ボリジャーバンドについて

ボリジャーバンドは、トレンド系のテクニカル指標の一つで、価格(レート)は移動平均線から一定範囲に収まるという、統計学の標準偏差の考え方を利用した分析手法となっています。

ボリンジャーバンドの視点

ボリンジャーバンドは、統計学の標準偏差より、価格(レート)は一定の範囲内に存在すると推定されるため、価格の動くおおよその範囲を予測する際に活用します。

ボリンジャーバンドと価格(レート)の存在確率

移動平均線とその標準偏差をチャート上に描画し、正規分布の状態であれば、その存在確率は以下のとおりです。

・「-1σ~+1σ」の間に値が存在する確率は68.3%
・「-2σ~+2σ」の間に値が存在する確率は95.5%

ボリンジャーバンドのシグナル(売買サイン)

最も基本的なシグナル(売買サイン)は、以下のとおりです。

・価格(レート)が移動平均線-2σを下抜けしたら買い時
・価格(レート)が移動平均線+2σを上抜けしたら売り時