DMI(方向性指数)とは何か?

DMIは、"Directioal Movement Index"の略で、日本語では「方向性指数」とも呼ばれ、一定期間内の値動きの方向を数値(0~100)で示したものをいいます。これは、米国人のJ.W.ワイルダー氏が開発したもので、相場の「トレンドの方向性(有無)」や「トレンドの強弱」を推し測ることができる、順バリ投資に適した指標として知られています。

一般にDMIのグラフでは、「+DI(相場上昇の勢い)」「-DI(相場下降の勢い)」「ADX(相場の勢いの強さ)」の3本の折れ線が描かれており、折れ線の位置関係から売買のタイミングを探ることができます。なお、「ADX」は、相場の方向性(上昇、下降)の区別はありません。

DMIについて

DMIは、トレンド系のテクニカル指標の一つで、相場のトレンドの方向性(有無)や強さ(大きさ)を見る場合に活用します。通常、順バリ系の指標では、持ち合い相場ではダマシが多いため、DMIでは「ADX」や「ADXR」と組み合わせることで精度を上げることが可能になっています。

DMIの3つの指標

DMIは、「+DI」「-DI」「ADX」から構成される複合指標となっています。

・+DI:変動幅に対する上昇割合を示す
・-DI:変動幅に対する下降割合を示す
・ADX:トレンドの勢いや強さを示す
(ADXR:当日のADXからn日前のADXの平均値)

DMIの視点

DMIは、一定期間の変動値幅に対して、一方向への動きが占める割合に注目し、現在の相場がボックス相場か、それともトレンドを形成しつつある相場かを識別します。

・+DIが-DIより上(大):トレンドは上昇傾向
・+DIが-DIより下(小):トレンドは下降傾向
・ADXが上昇:+DIと-DIの乖離が大きい(トレンド強)

DMIのシグナル(売買サイン)

DMIの基本的なシグナル(売買サイン)は、以下のとおりです。

・+DIが-DIを下から上に突き抜けたら買い時
・+DIが-DIを上から下に突き抜けたら売り時