マクレラン・オシレーターとは何か?

マクレラン・オシレーター(McClellan Oscillator)は、値上がり株と値下がり株の二種類の指数平滑移動平均の差(推奨値:19日マイナス39日)をいいます。これは、1960年代にシャーマンとマリアンのマクレラン夫妻が考案したもので、値上がり銘柄数と値下がり銘柄数の差の「短期指数移動平均-長期指数移動平均」から相場のトレンドを見る際に使われます。また、日々のマクレラン・オシレ一夕ーを積算したものを「マクレラン・サメーション・インデックス(McClellan Summation Index)」と言います。

一般にマクレラン・オシレーターは、株式相場(マーケット)の広がりの強弱を明確に示すテクニカル指標であり、通常、マクレラン・サメーション・インデックスと併せて用いられ、マクレラン・オシレ一夕ーで短期の騰落傾向を、またマクレラン・サメーション・インデックスで長期の騰落傾向を分析します。

マクレラン・オシレーターの概要

マクレラン・オシレーターは、「値上がり銘柄数」と「値下がり銘柄数」の差を日々並べてゆき、次に「二つの差(値上がり銘柄数-値下がり銘柄)」の短期指数移動平均と長期指数移動平均を求め、この二つの移動平均値の差から相場のトレンドを測る指標。

●マクレラン・オシレーターの算出

(値上がり銘柄数-値下がり銘柄数)の19日指数平滑移動平均×10%-(値上がり銘柄数-値下がり銘柄数)の39日指数平滑移動平均×5%

●マクレラン・オシレーターの見方

・数値がプラスの時は相場が上昇傾向にあり、マイナスの時は下降傾向にあることを示す。
・数値が極端に振れた場合は「買われ過ぎ」または「売られ過ぎ」の可能性がある。

●マクレラン・オシレーターの活用

相場の変調を視覚的に捉えようとするもので、一本のラインがゼロを挟んで上下動する。

・指標が上昇傾向にある時で、数値がマイナスに振れたら「順張りの押し目買い」
・指標が下降傾向にある時で、数値がプラスに振れたら「順張りの戻り売り」
・指標が長らく上昇傾向を続けている局面で、数値が極端なプラスに振れたら「逆張りの売り」
・指標が長らく下降傾向を続けている局面で、数値が極端なマイナスに振れたら「逆張りの買い」

マクレラン・サメーション・インデックスの概要

マクレラン・サメーション・インデックスは、騰落銘柄数から計算されるもので、マクレラン・オシレーターを積算した指標。

●マクレラン・サメーションの算出

「前日のサメーション・インデックス」と「当日のマクレラン・オシレーター」を合計した日々累計

●マクレラン・サメーションの見方

・ゼロラインよりも上にある時は、相場は上昇基調
・ゼロラインよりも下にある時は、相場は下降基調
・ラインの勾配は相場の勢いを表し、これが急勾配であればある程、相場に勢いがある
ダイバージェンスの場合は、トレンドの反転を暗示している可能性がある

※ラインがゼロラインに対して下から上へクロスした時は「ゴールデンクロス」、上から下へクロスした時は「デッドクロス」と見なすことができる。