貸方

読み方: かしかた
分類: 簿記

貸方は、複式簿記で、勘定口座の右側をいいます。これは、勘定科目を記載する伝票や帳簿の右側で、資産の減少、負債純資産の増加、収益の発生を記入するところです。また、その他に、貸借対照表損益計算書の右側をいうこともあります。

<貸方の例:資産の減少>

(借方)事務用品費 500 |(貸方)現金 500

なお、今日の簿記では、貸方の「貸」の意味は特になく、単なる右側を意味する記号にすぎません。