補助簿

読み方: ほじょぼ
分類: 簿記

補助簿は、複式簿記において、主要簿の記録を補う帳簿をいいます。これには、特定の勘定についての増減の明細を記録する「補助元帳」と、特定の取引の明細を時系列で記録する「補助記入帳」の二つの形態があります。

一般に補助簿は、任意帳簿で必要に応じて作成するものであり、補助簿ごとに定めた勘定や取引について、その明細を明らかにして、主要簿を補う役割を持っています。

補助元帳について

補助元帳とは、特定の勘定についての増減の明細を記録する帳簿で、具体的には、以下のようなものがあります(勘定科目ごとに複数の帳簿を作成することが多い)。

・売掛金元帳(得意先元帳):販売先毎に分類して記帳
・買掛金元帳(仕入先元帳):仕入先毎に分類して記帳
・商品有高帳:商品毎に分類して記帳
・固定資産台帳:固定資産毎に分類して記帳

補助記入帳について

補助記入帳とは、特定の取引の明細を時系列で記録する帳簿で、具体的には、以下のようなものがあります(一つの勘定科目につき、1冊だけ)。

・現金出納帳:現金の取引明細を記帳
・当座預金出納帳:当座預金の取引明細を記帳
・小口現金出納帳:小口現金の取引明細を記帳
・仕入帳:仕入の取引明細を記帳
・売上帳:売上の取引明細を記帳
・受取手形記入帳:受取手形の増減明細を記帳
・支払手形記入帳:支払手形の増減明細を記帳