日柄調整

読み方: ひがらちょうせい
分類: 株式市場

日柄調整は、主に株式や商品先物などで使われる用語で、相場においての時間の調整のことをいいます。これは、日数を意味する「日柄」と、つり合いのとれた状態にすることを意味する「調整」からなる用語です。

一般に株式市場では、相場(株価)の先高感が強い時、投資家が買いを入れると同時に、市場では利益確定売りも出やすくなります。こうした買いと売りが拮抗した状態で、株価の上下幅が小さいまま(上昇も止まる一方、下落もしないで揉み合っているまま)、日数だけが経過することを「日柄調整」と言います。

<本用語の使用例>

・今日の反落は日柄調整の範囲内と強気な見方も出ている
・日経平均は横ばい相場の範囲内での日柄調整がまだ続いている
・25日線を維持すれば、日柄調整後に再度上値トライの可能性がある