裁定買い残

読み方: さいていかいざん
分類: 指標

裁定買い残は、裁定取引(アービトラージ)において、裁定買いで「先物売り・現物買い」のポジションを組んで、まだ取引を解消していない現物買いの残高をいいます。

裁定取引とは、市場にできる価格差を利用して利益を獲得しようとする取引で、裁定買いは先物を売って現物を買う取引をいい、通常、先物が高く・現物が安い時に行われ、この状況に変化が生じた時に取引は解消されます。

一般に株式の裁定取引では、株価指数先物現物株がセットで取引され、株価指数先物の決済日に裁定買い残(売却されていない現物株)が大量に残っていると、裁定解消のための現物株の売りで相場が下落する要因となります。