加重移動平均線(WMA)

【読み方:かじゅういどうへいきんせん、分類:移動平均線】

加重移動平均線は、英語で「Weighted Moving Average(WMA)」と呼ばれ、指数平滑移動平均線と同様、直近価格に比重を置いた移動平均線をいいます。これは、個々の価格データへの加重を線形的に減少させて平均値を計算し、その平均値を結ぶことで作成されます。(直近価格に対する比重は、指数平滑移動平均線>加重移動平均線)

加重移動平均線(WMA)の例

一般に加重移動平均線は、単純移動平均線と比べて、直近の動きに敏感に反応するため、トレンドの転換を早めに確認できますが、一方で相場が大きく振れたり、横ばいとなったりした時には効果的に用いるのが難しいとのことです(相場が緩やかに上昇したり下降したりする時に効果的)。

金融知識ガイド

テクニカル分析用語集