単純移動平均線(SMA)

【読み方:たんじゅんいどうへいきんせん、分類:移動平均線】

単純移動平均線は、英語で「Simple Moving Average(SMA)」と呼ばれ、ある一定期間の価格の平均値をつないだ移動平均線をいいます。

テクニカル分析の中で、最も基本的な移動平均線で、対象とする時点から予め定めた個数のデータを取り出して平均化した値を結ぶことで作成されます。例えば、5日単純移動平均線の場合、直近5日間の終値の合計を単純に日数の5で割った平均値を求め、一日ずつずらして描線します。

単純移動平均線(SMA)の例

なお、単純移動平均線を作成する際に、価格を平均化するのに用いるデータ数として、短期は5・10、中期は21・50、長期は100・200など様々となっています。

金融知識ガイド

テクニカル分析用語集