並び赤

【読み方:ならびあか、分類:ローソク足】

並び赤は、二本足の一つで、窓を開けて、ほぼ同じくらいの陽線が二つ続いて出現した形状をいいます。

ローソク足の陽線の赤色に由来する呼称で、窓を空けて、1日目に上げて、2日目に下げてから上げてという奇妙な値動きをするものです。基本的に陽線なので強気ですが、一方で何らかの弱気の要素もあり、実際に出現した時は注意が必要です。

並び赤の例

一般に並び赤は、チャートにおいて、滅多に出現するものではなく、また実際のパターンには、上昇トレンドで出現する「上放れの並び赤」と下降トレンドで出現する「下放れの並び赤」があり、それぞれで意味合いが異なります。

●上放れの並び赤

上昇トレンドで、ジリ高の局面から上放れして現れた「並び赤」で、その翌日に上寄りすれば、更なる上昇の前兆(買いシグナル)となる。

●下放れの並び赤

下降トレンドで、ジリ安の局面から下放れして現れた「並び赤」で、その翌日に下寄りすれば、更なる下落の前兆(売りシグナル)となる。

金融知識ガイド

テクニカル分析用語集