下降ウェッジ

【読み方:かこううぇっじ、分類:チャート】

下降ウェッジは、上値下値を切り下げながら、もみ合う形のチャートパターンをいいます。

具体的には、上値が切り下がるレジスタンスラインと下値が切り下がるサポートラインの中で価格が揉み合うもので、レジスタンスラインの方が切り下がりの角度が急となっています。また、その種類には、トレンド継続型のものと反転型のものとがあります。

下降ウェッジの例

一般にウェッジ(wedge)とは、くさび形を意味し、チャートでは、先端がとがっていく形を形成するのが特徴で、下降ウェッジの場合、下向きの三角形に近づいていきます。また、この期間、上下のいずれにもブレイクできずにとどまっていますが、いずれはラインを越えてブレイクアウトします。

◎ウェッジから上向きにブレイクアウトした場合、急騰する可能性が高い。

◎ウェッジから下向きにブレイクアウトした場合、急落する可能性が高い。

※くさび形:一端が広く他端に至るにしたがって段々と狭くなっている楔(V字形や三角形の道具)に似た形。

金融知識ガイド

テクニカル分析用語集