マネックスFX

マネックスFXは、マネックスグループのマネックス証券が提供するFX(外国為替証拠金取引)事業をいいます。これは、2013年4月1日以前は、同じくマネックスグループの金融商品取引業務およびその付帯関連業務を行うマネックスFXが提供していましたが、同日以降は、国内FX事業の事業効率の向上を目的としたグループ内再編(FX事業の集約合理化)で、マネックスFXの顧客口座および関連する外国為替証拠金取引サービス事業等は、マネックス証券が吸収分割により承継しました。

なお、マネックスFXについては、本再編により、2013年4月1日以降、マネックス証券の顧客によるFX取引のカバー取引(外国為替取引およびその付帯関連業務)を行う会社として継続しております。

<マネックスFXの沿革について>

・2004年:トウキョウフォレックスが設立(東短ホールディングスの100%子会社)
・2006年:外国為替証拠金取引業務を開始
・2008年:マネックスグループの子会社となり、マネックスFXに商号変更
・2009年:マネックスグループの100%子会社となる
・2013年:マネックスFXの顧客口座および関連する外国為替証拠金取引サービス事業等をマネックス証券が吸収分割により承継

マネックスFXの二つの口座

店頭FXのマネックスFXでは、顧客の取引スタイルにより、1000通貨から始められる「スタンダード口座」と、低スプレッドで取引ができる「プレミアム口座」の2つの口座を用意しています。また、どちらの口座も個人の顧客は1倍、2倍、5倍、10倍、25倍の5つから、法人の顧客はこの5つに加え、50倍、100倍の7つから、レバレッジをいつでも機動的に選択することができます。

スタンダード口座 1000通貨単位で取引できるので、これからFXを始める方や、取引を始めたばかりの方におすすめ。
プレミアム口座 10万通貨以上1万通貨単位(決済は1万通貨単位)でFXスタンダードより低スプレッドで取引できるので、コストを重視される方におすすめ。

マネックスFXの事業概要

マネックスFXは、マネックス証券が提供するFX事業です。

名称 マネックスFX
運営会社 マネックス証券株式会社 (Monex, Inc.)
事業内容 店頭外国為替証拠金取引(店頭FX)
主な特色 ・取引スタイルに合わせて選べる2つの口座
・選べる4つの取引ツール
・安定したスプレッド
・役立つ情報が満載のポートフォリオ画面
・きめ細やかな情報サービス
・100%信託保全